情報を守るには|ISO22000を習得してブランド社にしよう

ISO22000を習得してブランド社にしよう

女の人
このエントリーをはてなブックマークに追加

情報を守るには

システム

近年、IT化が進み、どの企業でもパソコンのシステムを利用して運営しています。パソコンのシステムを利用すれば、とても便利で効率よく仕事を進める事が可能です。しかし、セキュリティを強化しないと個人情報の流出や企業の内部機密の流出などのリスクを抱えてしまいます。最近では、サイバー攻撃による被害も増大しており、国内でも被害例が沢山あるのです。特に標的型攻撃による被害が多数報告されています。この被害は企業に及ばず、個人にも被害が及んでおり、パソコンで自身の情報を管理している人は注意が必要です。なので、自身の銀行口座等のパスワードはパソコン上で管理しない方がよいでしょう。

サイバー攻撃の手法の一つである標的型攻撃の被害を未然に防ぐためにも、監視システムの導入が最適です。監視システムの一つであるSIEMは、国内にある多数の企業が導入しています。SIEMを導入することで、ログ管理以外にも、サーバやデータベースを分析することが出来ます。また、これまでに気が付かなかったサイバー攻撃の履歴などもチェックすることが可能です。しかし、導入するには、一つだけ注意点があります。それは自社の所有している既存システムや業務内容に合わせてから導入しなければいけないのです。システム導入の専門業者に依頼をすれば、これらにあうようにSIEMを導入してくれるでしょう。大きな被害を受ける前に早めの対策をしておくと、安心して企業を運営していくことが可能になります。